about

about

ゆざめレーベル – yuzame label -とは?

2012年4月より“ものづくり”をテーマにレーベルを設立し、これまでYunomiやTomgggといったアーティストが参加しています。音楽リリースのみに限らない多岐に渡る活動で、あらゆる“ものづくり”を掛け合わせ新しい才能の発見や可能性の共有、新たな表現の提案を目的としています。

We are fabrication label from Japan. yuzame label is established by @NowLoading_501 and @NotFound_405 since 2012.

これまでの活動について

2012年設立と同時にリリースとなった初回作品のコンピレーションアルバム「ゆざめコレクション #1」では、Serphの別名義ポップユニットであるN-qiaや、BOOM BOOM SATELLITESによるBROKEN MIRROR Remixコンテスト大賞に選ばれたCalla Soiledが参加しました。

その後も着実に音楽リリースを重ね、adustamやΔMUNOA、_yi.といった音楽アーティストが、4-Way Split Album「CULTURE」に楽曲を提供。2アーティストダブルリリースとなった、Batsu 1st Mini Album「GRΣΣT」とrekanan Remixes E.P.「REFLECTION」では、Future Bassシーンで注目のYunomiや、兄妹ツインボーカルユニット・空中分解でもボーカルを務めるアンテナガールと共に共同で制作を行いました。

映像作家やイラストレーターでも、2015年の映像作家100人に選出された千合洋輔をはじめ、ILLUSTRATION 2014にも選出されたけーしんや、音楽制作ユニット・miliでIllustratorを務めるAO FUJIMORIといった様々なクリエイターが作品に携わっています。

ゆざめレーベルからのリリースをきっかけに、映像、音楽、イラストといった垣根を越えて才能を発揮するマルチクリエイター・siroPdは、in the blue shirtの「toward morning」MVや、NYLONTVによる木村カエラの連載コーナー「kaela’s gallery」で楽曲制作を担当し活動の幅を広げています。

また、トートバッグの展示会への出展やカフェを貸し切り飲食も振る舞う食堂を運営するといった個性的なイベントも主催。

レーベルオリジナルのキャラクターコンテストでは、月間30,000PVを越え多数の応募を集めました。公式キャラクターには、くろさきさとしのイラストが選出され、その後Ryan Hemsworthのアートワークなども手がけるなど音楽以外でのクリエイティビティの創出も行っています。

2014年にはカルチャーマガジン「MASSAGE 9」や総合情報誌「オトカルチャー」、2015年にはSWITCH特別編集号「Maltine Book」といった雑紙媒体へも掲載。全国38局FMネットワーク系列のラジオ番組での選曲も担当しました。

2016年4月にはコンセプトコンピレーションアルバムとして『ORIS』、2017年4月にはアンテナガール初の作品集『+A -PLUS A-』を、同年10月にも『赤色のタイムマシーン / アンテナガール』をCDでリリース。

2018年より、銭湯特化型メディア・東京銭湯へとジョインし、サウナをテーマにしたコンピレーションアルバム『MEiSTER』をリリース。さらなるクリエイションの広がりを生み出しています。

 

ゆざめレーベルの主宰者

キャラクターデザイン けーしん (Twitter : @keisin)

なろ▼(NOWLOADING_501)
twitter:@NOWLOADING_501
のっと▲(NOTFOUND_405)
twitter:@NOTFOUND_405
  • tw-button
  • fb_button

new release